沿革

HISTORY
1932
大阪市において、高橋水硝子製造所として珪酸ソーダの製造、販売を開始
1951
東京都に富士珪曹株式会社を設立。シリカゲル、珪酸ソーダの製造、販売を開始
1957
高蔵寺化学工業株式会社を現在の本社所在地に設立し、専門的にシリカゲルの製造を開始(春日井工場の前身)
1961
富士珪曹株式会社、名化工業株式会社、株式会社高橋水硝子製造所の3社が合併して、珪素化学研究所を吸収し、富士化学株式会社として発足(本社・名古屋市)
1962
愛媛県西宇和郡保内町に世界初の球状シリカゲル工場完成(現在の愛媛工場)
1965
富士化学株式会社の珪酸ソーダ部門とシリカゲル部門を分離し、シリカゲル部門の営業権を有限会社富士に譲渡。W.R.GRACE CO.,DAVISON CHEMICAL DIVISIONと有限会社富士が50%出資し、富士デヴィソン化学株式会社を設立
1984
日向工場完成
1986
テクニカルセンター完成
1993
米国W.R.GRACE CO.との資本提携を解消、社名を富士シリシア化学株式会社と変更
アメリカ支店開設
1998
ISO9002登録(本社・春日井工場、日向工場、マイクロナイズドシリカ製品)
アメリカにFuji Silysia Chemical USA,Ltd.を設立
1999
スイスにFuji Silysia Chemical S.A.を設立
2000
イタリアにAusimont S.p.A.(現 Solvay S.A.)との合併会社 SILYSIAMONT S.p.Aを設立
Fuji Silysia Chemical USA,Ltd.がNC州GreenvilleにUSA Plant完成
ISO9002追加登録 (春日井工場 微小球状シリカゲル製品)
2001
ISO9002からISO9001へ変更登録
2002
ISO14001登録(日向事業所)
SILYSIAMONT S.p.AにItaly Plant完成
2003
ISO9001追加登録 (日向工場 微小球状シリカゲル製品)
2005
ISO14001登録 
(春日井事業所)
2006
ISO9001追加登録 (愛媛工場 球状シリカゲル製品)
(春日井工場、日向工場 破砕状シリカゲル製品)
2011
フィリピン駐在所を設立
2013
大阪営業所移転
2014
フランスにAXYNTIS SASとの合弁会社
KYRAPHARM SASを設立
2015
フランスのAXYNTIS SASの株式50%を富士化学株式会社とFuji Silysia Chemical S.A.の3社にて取得
2016
Solvay社と資本提携を解消、SILYSIAMONT S.p.Aを完全子会社化
2018
SILYSIAMONT S.p.A.の株式30%をRADARCHIM S.p.A.へ売却
2020
SILYSIAMONT S.p.A.の株式20%をRADARCHIM S.p.A.へ売却